一般労働者派遣と業務請負事業。yukkun

一般労働者派遣と業務請負事業。 2017/11/30 私がアウトソーシングを始めた時には、前者と後者は曖昧だった。しかし、現時点篩を掛ける如く明確である。 前者は支度金(←負債が無いか、そして、十分な給与支払いを確保できるか)として四千万以上の(←規模により変動)キャッシュがある事を代表者等の近辺調査を都道府県がチェック。 後者はそれが無い。所謂、悪質輩を避け、四千万すらの、キャッシュも審査と無く許可が無くとも運営できる。では、何故、前者の許可を持って後者を事業するか。それは前者、後者、両方をする事で爆発的に純利益が変わる。 前者の特質、 クレジットカードの審査の様な物を各都道府県が厳密にチェックする事から、お客様(人材供給の枠を頂く会社様)は、安心を確保できる。 そして、お客様の会社に対してのワーカー様(こちらもお客様)を、固定されたセクションだけで雇用を締結する訳では無く、会社様に自由が効く。ワーカー様にも行政から許可を得た会社(弊社)と、安心を受け取って頂ける。 後者の特質、 前者と、比べて審査基準どころか審査はあくまでお客様からだけの信頼でしかできない。 そして、アウトソーシングの中で一般人材派遣という許可を得た民間企業は10%にも満たない。そんな中で、請負事業だけをしているものが、敢えて言葉を崩すと、「うちは、派遣をやっているんだ!」←このフレーズ殆どが虚偽になり厳密には法に触れます。 話が脱線しましたが、 そして、アウトソーシング…

続きを読む